Home > 素材ごとのお取扱いとお手入れのコツ

素材ごとのお取扱いとお手入れのコツ
methods and means of handling that prevent damage and deterioration

陶磁器

陶磁器のお取り扱い 高温で焼いた磁器は吸水性がなく心配はありませんが、陶器はそのまま使い始めると、料理の汁気や油分などがしみ込み、取れなくなることがあります。
粉引などの軟質の陶器、貫入という細かいひびが入ったものなどは、特に注意が必要です。毎回使用する前に水にひたし、軽く拭いてから料理を盛ると安心。
できれば使い始めに鍋に入れ、米を少々と水を加えて20〜30分くらい弱火で煮沸しておくと汚れがしみ込みにくくなります。
汚れがしみ込んでしまった場合は、台所漂白剤の溶液にひたしてよく洗います。

食器は台所用中性洗剤を薄め、スポンジに含ませて洗うのが一般的です。
洗ったあとは、最後に熱湯を通すと早く乾燥させることができ、カビ防止になります。
特に土ものの器などは乾燥させずにしまうと、梅雨時はカビの原因になるので要注意です。

収納は、種類別に同じと大きさのものを、5、6個重ねます。
磁器でも、表面の堅い器にぶつけるとガラス質にひびが入り傷つくことがあります。

器が欠けたり、割れたりした場合、破片が残っていれば、伝統的な修理方法「金継ぎ」をl'Outil(るてぃ)で承れます。金沢の漆芸家 名雪園代さんに「金継ぎ」をしていただきます。修理費のお見積りしますのでご相談下さい。またご自分でもできる金継ぎセットなども市販されています。

漆器

漆器のお取り扱い 漆器の品質については次の3種類になります。

  1. 天然木に天然の漆液を塗って仕上げたもの。
  2. 樹脂に木粉を入れて成形した天然木加工品に、天然の漆を使用して仕上げたもの。
  3. 合成樹脂に化学塗料を塗って仕上げたもの。

漆器は軽くて扱いやすく、手触りや口当たりが優しいのが魅力です。
とかく扱いが難しいと思われがちですが、本物の漆器は丈夫で長持ちします。また本物の漆器は熱伝導率が低く、熱いものを入れてもしっかりと手に持てますし、夏に冷たいものを盛れば、その冷たさが持続するよさもあります。

漆器の取扱いは、無理をせず常識内で考えれば簡単。電子レンジ、食器洗浄機器は使えません。
油を使った料理を盛った場合以外は、洗剤を使わずに、やわらかいスポンジか洗い布を使って、自分の手に不快でない温度の水やぬるま湯で洗うだけで十分です。
洗剤を使いすぎると漆の油分がなくなり、劣化を早めてしまうのでほどほどに。

汚れを取りやすくするために、しばらく水に浸けておくことは問題ありませんが長時間に浸したり、洗い桶のなかで他の陶磁器とともに洗うのはやめてください。傷が入る恐れがあります。
洗ったらあとは、糊気のない柔らかい布巾で拭きあげると、ツヤが出て美しくなります。

収納するときは、直射日光を避け、器を重ねるなら漆器どおしを。
陶磁器などとぶつかったり、すれ合ったりしたら傷のもとになります。

急激な温度変化や紫外線によって変色が気になる場合、うっかりぶつけたり落としたりして傷んだ場合は修理をご相談ください。人によって微妙に作り方が違うため極力、ご制作された作家や工房に戻しお直しいただきます。また前述の名雪さんにご修理をお願いすることもできますが、どういった工程で作っているのか探りながらの作業になります。
いずれの場合も、修理費のお見積りしますのでご相談ください。

ガラス

ガラスのお取り扱い 耐熱、と書かれているもの以外は高温のものを入れないように注意ください。
高温の湯、強い圧力を伴う洗う食器洗浄機器は、使わない方が無難です。手で洗うときも、当たっただけで割れてしまうことがあるのでご注意ください。
また洗剤に研磨剤が入っていると傷つく場合があります。

熱めの湯でさっと洗うと乾きやすいです。

収納で気を付けたいことは、ガラスをぶつけること。ガラスは上下の圧力には意外と強いのですが、横からの力には比較的弱く、破損の恐れがあります。

金属

金属のお取り扱い 金属という素材は堅くて強い一面、年月ともに変色する性質をもっています。
使っていくうちの変色は自然なこと。むしろ素材特有の変化を楽しんで、使い込んでいくことが金属工芸への愛着につながるのかもしれません。

どの金属もお使いいただく上で共通して避けなければならないのは湿気、油気、酸気、塩分などがあります。使用後はこれらを取り除くために柔らかい布で乾拭きしたり、手のひらや指先などで撫でるように拭いたりします。
手でなでる場合は、部分的に触れるとムラができてしまうので全体的に。時が経つごとに素材特有の光沢と色の変化が楽しめます。
ただし濡れた手では触らないでください。水分はシミになります。

修理は程度によりますが承れます。ご相談ください。

錆を防ぐためには使用後は水気を残さないようにしてください。
また醤油や塩気のあるものを上にのせないように注意しましょう。

変色した場合は、市販の銀磨きの粉や液体で磨くと簡単に直せます。
きれいに洗ったあと、使わないときにラップなどでカバーすると変色は防げます。

柔らかいので傷つきやすいです。
浅い傷ならば、柔らかい布などで磨くと目立たなくなりますが、あまり神経質にならず使い込んだ味を楽しむのに向いている素材です。

中性洗剤で洗います。
緑青が出る場合もありますが、洗って取り除けばそのまま使えます。

ステンレス

傷つきやすいので、柔らかいスポンジなどでやさしく洗います。
腐食に強いですが、塩分や鉄分などの付着で錆が付くときが。ステンレス専用洗剤が市販されています。また水垢がつきやすいので、洗ったらきちんと拭いてください。

真鍮・洋白

変色が気になる場合は、市販のクエン酸や酢・レモン汁で磨くと輝きを取り戻すことができます。
洗い終わったら水気を完全に拭き取り、長時間ご使用にならないときはビニール袋などに入れて空気に触れないようにするとある程度の変色を防げます。
カトラリーは、ステンレスに比べて強度は劣ります。極端にかたい食品や一点に無理な力をかける使用はお控ください。

木工

木工のお取り扱い 使ううちにできる傷やシミも含めて、表情や質感の変化を味わいとして楽しめるのが木です。

木は、人と同じです。自分がされて嫌なことは木も嫌います。
汚れたまま放置したり、水につけっぱなしにしたり、長時間直射日光に当てることも、電子レンジ・オーブンや食器洗浄機の使用もNGです。

程度によりますが修理はご相談ください。

白木(曲げ輪とお櫃)

ご飯などのこびりつきがあれば、ぬるま湯に浸しておき、その後、植物性のタワシで洗います。洗い終わりに、熱めの湯をかけまわし、日陰で乾燥させます。完全に乾いてから収納してください。

オイルフィニッシュ

使い始め数回と、かさつきが気になりだしたら使用前に食用油を全体に塗り、布などで拭きとります。油分のあるもの水分のあるものも安心して使えるようになります。
クルミ、エゴマなどの乾性油がお勧めですが、オリーブオイルやサラダ油でも大丈夫です。
かさつく場合は、サンドペーパー(#320程度)をかけてから行うときれいになります。

洗い終えたら、よく水を振り切り、天日でからっと乾燥させます。
完全に乾いてから収納します。水分が残らないようご注意ください。

オンラインショップ
作家一覧
キーワード検索